製品情報

Crushing Product Information

大阪本社
東京支店

ミニロールミル

粉砕・解砕
  • ミニロールミル製品画像

山/谷の溝がある二対のロールを相対して内側に向かって回転する。ロールには高速側と低速側の回転速度差を設けており、間隙に挟まった原料は剪断力によって粉砕される。またロール表面には細かい目を切っておりブレーキングの役割を果たす。目が細かいほど微粉になりやすい。間隙の調整によって、製粉粒度や生産能力が変動する。

  • 原料
    穀物類製粉、漢方薬、香辛料、肥料原料、飼料原料、  ワラ、木片、ボード材など
用途
  • 食品製造
  • 医薬品製造
  • 化学製品製造
  • 金属製品製造・窯業
  • リサイクル事業

製品の特長

・のこぎり歯のようなロール二対が相対して間隙(かんげき)によって粉砕される。
・二対のロールは高速側と低速側がある。回転比は2:1から3:1程度。
 高速は500rpm、低速は200rpmぐらい。
・ロールの間隙によって製粉粒度や生産量を制御します。
・製粉ロールの目立ては標準18山~28山/吋です。目数が多いほど微粉になります。

【ロール目-1】

【ロール目-1】

【ロール目-1】

【ロール目の組み合わせ】

【ロール目の組み合わせ】

ロール目の組み合わせは4種類あります。
高速ロールはα鋭角側を回転方向に向ければシャープ(sharp)、β背角側に向ければダル(dull)となります。
低速ロールはα鋭角回転方向に向けるとダルとなり、β背各側を回転方向に向ければシャープとなります。
一般的な穀物の製粉ではダル:ダルの組み合わせがポピュラーでする。
間隙で押し付けつつ擦りつぶす粉砕を行います。比較的硬質な原料に効果があります。
シャープ:シャープはより剪断を強めています。軟質な原料で剪断を必要とする場合に効果があります。

【型式・サイズ・図面】

【型式・サイズ・図面】

【実績・能力値】

【実績・能力値】

【ロール目立て加工①】

【ロール目立て加工①】

研磨作業

【ロール目立て加工②】

【ロール目立て加工②】

目立て預かり品

【ロール目立て加工③】

【ロール目立て加工③】

色々なバイト(刃物)

【概要】

製粉ロールは使用するにつれて損耗します。目が摩耗して角が落ちたり素地が傷んできます。従って定期的にロールの目立てをする必要があります。弊社ではロールミルのロールの目立て加工を行っております。製粉用ロール、製油用ロールなど対応しています。ご使用のロールを送って頂き、預かり目落としや再目立て加工を行います。

【ロール加工】

・目立て加工  ロール表面を研磨加工の後にバイト(刃物先)によって溝加工を行う。
溝のついたロールはブレーキングの製粉で使用される。穀物の性状や求める粒度に応じて溝の数が異なる。

【マテット加工】

ロールの表面をスムース研磨加工の後にツヤ消し表面加工や梨地加工を行う。
製粉の仕上げ工程で使われることが多い。

【ロール対応サイズ】

・直径 Φ150~φ400
・長さ 200mm~1800mm
・山数 5~28山/吋

More Information

こちらの製品について
もっと詳しくお知りになりたい方

カタログダウンロード
カタログダウンロード
お客様情報を入力すると
カタログをダウンロードできます
1度入力していただくと
何度でも好きなカタログをダウンロードできます。

CONTACT

お問い合わせ

製品だけでなくプラント設計の見直しも
ご提案させていただきます

製品・プラントエンジニアリングに関するご質問など、まずはお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

大阪本社
東京支店
営業時間 9:00~17:00 (土日祝祭日を除く)
メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールマガジンのご登録はこちら
持ち込み素材預かりテストのご依頼はこちら
  • 採用情報
  • カタログダウンロード
  • 米粉情報サイト米粉.jp
  • 採用情報
  • カタログダウンロード
  • 米粉情報サイト米粉.jp