製品情報

Crushing Product Information

大阪本社
東京支店

エアーハンマーショッカー

ブリッジ防止、その他粉体関連機器
  • エアーハンマーショッカー製品画像

運転方法には断続運転方式と連続運転方式があり、断続運転方式は主にホッパーおよびタンクに使用する方式で、タンクからの排出時にエアーハンマーショッカーを作動させて側板を必要回数叩き、排出終了と同時に停止させる。

用途
  • 食品製造
  • 医薬品製造
  • 化学製品製造
  • 金属製品製造・窯業
  • リサイクル事業

製品の特長

・間欠的に叩くために粉体のしまりが生じない。
・表面付着の払い落としに効果を発揮。
・振動が少ないため、網の破れが頻発しない
・空気圧を変えることにより、簡単に衝撃力を変えることができる。
・パルセーターランスとの組み合わせによりこれまで解決できなかったブリッジに絶大な力を発揮します。

【作動原理】

【作動原理】

作動原理は下記の(1)の状態から(3)の状態までを1サイクルとする繰り返し運動である。
この一連の操作は手動弁で行うか、自動操作の場合は三方電磁弁とタイマーで作動回数を設定して行う。

【構造】

①シリンダ
②ピストン
③シリンダ座
④キャップ
⑤スプリング
⑥Oリング
⑦Uパッキン
⑧Uパッキン
⑨六角穴付ボルトナット

【作動原理①】

【作動原理①】

(1)エアーハンマーショッカーに圧 縮空気がまだ流入されていない状態。

【作動原理②】

【作動原理②】

(2)三方電磁弁に通電すると圧縮空 気(3~5kg/cm³)が電磁弁をとおり、クイックエキゾストバルブを経てエアーハンマー本体に流入され、圧力が高まり、スプリングを押し上げる。

【作動原理③】

【作動原理③】

(3)三方電磁弁の通電を停止するとエアーハンマーショッカー内の圧縮空気は瞬間的にクイックエキゾストバルブを通じて外部へ排気され、スプリングに貯えられた弾性エネルギーによりピストンへ押し出し、その衝撃力によってベースプレートをたたき、ホッパー等に伝える。

【ホッパーの形状と設置例】

【ホッパーの形状と設置例】

【設置例】

【設置例】

More Information

こちらの製品について
もっと詳しくお知りになりたい方

カタログダウンロード
カタログダウンロード
お客様情報を入力すると
カタログをダウンロードできます
1度入力していただくと
何度でも好きなカタログをダウンロードできます。

CONTACT

お問い合わせ

製品だけでなくプラント設計の見直しも
ご提案させていただきます

製品・プラントエンジニアリングに関するご質問など、まずはお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

大阪本社
東京支店
営業時間 9:00~17:00 (土日祝祭日を除く)
メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールマガジンのご登録はこちら
持ち込み素材預かりテストのご依頼はこちら
  • 採用情報
  • カタログダウンロード
  • 米粉情報サイト米粉.jp

other

その他の「ブリッジ防止、その他粉体関連機器」製品

その他の製品
  • 採用情報
  • カタログダウンロード
  • 米粉情報サイト米粉.jp