トップ > 展示会情報

「FOODEX JAPAN 2020 国際食品・飲料展」中止のお知らせ

2020年3月10日(火)から3月13日(金)まで幕張メッセで予定していました「FOODEX JAPAN 2020 国際食品・飲料展」ですが、2月26日発表の新型コロナウイルス政府方針に基づき、主催者側が展示会の中止を決めました。

展示会は中止となりましたが、弊社としましては今まで以上に米粉製粉技術や新たな米粉活用や米粉食品の最新情報などをご提案・発信していく所存です。

※見どころより以下の内容につきましては規格の情報記録として残しております。参考にしてください。
尚、米粉製粉設備や米粉食品についてご相談があれば下記シートよりお問い合わせください。

開催期間 2020年3月10日(火)~3月13日(金)
10:00-17:00 (最終日のみ16:30終了)

▼ 出展情報資料はこちら ▼

展示会場 幕張メッセ (アクセス)
ブースNo. 9E-40
公式URL https://www.jma.or.jp/foodex/
見どころ 待ちに待った「東京オリンピック・パラリンピック」がもうそこまで来ています。
国際的なイベントが続く日本で、競技もさることながら海外からの日本の食文化の注目度も高まってきました。「グルテンフリー」という言葉も浸透してきたと思いますし「食の多様性」「食のバリアフリー」などのニュースを目にすることが増えてきました。
海外から注目されている日本食にとっては、大きなビジネスチャンスと言えるのではないでしょうか。
すでに日本の米粉が輸出され始めているとも聞きます。このたびのFOODEX JAPAN2020におきましても弊社は米粉製粉と米粉食品の取り組みを大きく発信する予定です。

【見どころ1】
昨年に特許取得しました、自家製粉対応の『フェアリーパウダーミル』を出展致します。
小型でありながら、微細粒の米粉(300メッシュ相当)が得られ、澱粉損傷値も限りなく低く、高品質の米粉ができます。こだわりの『100%米粉パン』『米粉洋菓子』『米粉麺』などに最適です。
販売開始から洋菓子店舗、焼き菓子店舗、新しい米粉食に携わる企業で採用される実績が増えてきました。
会場では毎日製粉の実演も行いますので是非興味がある方は足を運んでください。
試食として『100%米粉パン』『米粉バウムクーヘン』を提供いたします。

【見どころ2】
全国で米粉製粉や米粉食品加工や色々な米粉に携わる企業・団体とジョイントして共同出展致します。
各団体では最新情報の米粉の取り組みなどの実績を発表していただけます。また試食など多数あります。
さわりとして
・イタリアンジェラート機械メーカーによる『米粉ジェラート』の試食。
 特殊な米粉のコーンで提供致します。
・米粉製粉会社による『米粉シフォンケーキ』
・新素材アルファ化米粉の『とろとろスープ』
・小麦アレルギー米粉料理教室による米粉の特性をいかした色々な調理活用方法。

御来場の皆さまには米粉の可能性と価値ある情報を提案致します。米粉製粉や米粉食品加工を検討されている企業・団体様・個人の方には是非御来場いただければと思います。

実機展示製品のご紹介

"ものづくり開発 2019年 特許取得" 『小型米粉製粉機:フェアリーパウダーミル』

能力 5kg/hr
澱粉損傷1%を目指す事ができる
米粉食品に最適な粉が得られる
例:洋菓子、パン、麺、その他米菓
自社独自の規格の米粉が有られる
オンリーワン米粉商品開発ができる
取扱が簡単
分解洗浄可能です

・・・製品詳細はこちら

"アルファー化米粉"の御紹介

アルファ化米粉製造装置のご提案
グルテンフリー米粉商品の開発ができます
ブース来場者にはアルファ化米粉の少量サンプル提供します

HP上の以下のアルファ化米粉に関する記事をご参照ください。
http://www.rice-flour.jp/news/news171109.html
http://www.rice-flour.jp/news/news170619.html

最新ベーカリショップ・洋菓子店向け「米粉製品入門」

今使っている米粉に満足していますか?
米粉を使った新しい食品を考えているが、他社とは違うパン・ケーキ・洋菓子を作りたい。
地元で取れた米で製麺したい。
そんなあなたの悩みを解決致します。

金属異物除去装置出展します

食の安全対策をしていますか?
異物除去は安全な食品加工において大事なポイントです。

現在、金属異物除去機『高磁力マグネット』
異物除去についてお困り事、ご相談ください。

【こめこ君のフェアリーパウダーミル補助金活用マニュアル】

フェアリーパーダーミルは“ものづくり補助金&先端設備等導入計画”の活用ができます。

▼ 資料はこちら ▼

これからの“ものづくり補助金”は活用方法が変ります。
従来春ごろに申請を行っていましたが、申請時期が1年で4回に分けられます。計画や申請がしやすくなる模様。
またフェアリーパウダーミルは「生産性工場特別措置法」に基づき、中小企業が策定する「先端設備等導入計画」について、固定資産税をゼロとする措置に対応します。

ですからダブルでお得です。補助金の活用が「難しい、ハードルが高い」と考えている方、固定資産税がゼロになる?という疑問や対策を分かりやすく説明した冊子を作りました。








米粉倶楽部