粉体製造機械・プラントエンジニアリング

製品情報

  • 粉砕・解砕
  • 分級・ふるい 選別・異物除去
  • 混合
  • 計量・充填
  • 輸送・供給
  • その他
  • プラントエンジニアリング

ホッパースケール

概要

製造ライン中に組み込んで使用する一般的な計量装置です。
『ミキサ投入用の各種原料を計量する』、『主原料へのプレミックスとして副原料を計量投入する』、『原料受入れ時と生産製品重量との差異をトレース・検証する』といった使い方があります。

供給機例:スクリュフィーダ、ロータリフィーダなど
計量装置:ロードセル、電子天秤、(リミットsw式)

用途

食品製造 化学製品製造 医薬品製造 金属製品製造・窯業 リサイクル事業

特徴・原理

  • 加算計量:ホッパスケールが秤量に達するまで供給機でフィードして計量する(足し算計量、最も一般的)
  • 減産計量:ホッパスケールの排出機からの払い出し重量で計量行う(引き算計量)
  • 累積計量:原料Aを計量→原料Bを計量→原料Cを計量 など複数の原料を1台のホッパスケールで計量することも可能

型式・サイズ・図面

型式 計量槽容量 型式 標準共通仕様
SSH-300L3 300ℓ 1000×1000×1200
検知
ロードセル3点検出
和算箱、接続箱付
精度
±1/1000
払出
フラットゲート
シリンダー駆動
電源
AC200/220V
空気源
5kg/cm²
附属品
エアーユニット
キャンバス
SSH-550L3 550ℓ 1200×1200×1400
SSH-850L3 850ℓ 1350×1350×1600
SSH-1400L3 1400ℓ 1700×1500×1900
SSH-2200L3 2200ℓ 2000×1600×1950
SSH-2700L3 2700ℓ 2050×1650×2100
SSH-4100L3 4100ℓ 2250×2050×2300
SSH-5500L3 5500ℓ 2850×2100×2300

実績・能力値

  • 原料:小麦粉
    容量:◎◎L
    秤量:△△kg
    排出:ロータリーバルブ
    用途:ミキサ投入用