新規米粉用気流粉砕機"スーパーパウダーミル" *** 粉体設備の西村機械製作所 ***
粉体技術のニシムラ (粉砕機、ふるい分け機、混合機、供給機、空気輸送、コンベア)
粉体機器の西村機械製作所 粉体機器の西村機械製作所
大阪本社:TEL.072-991-2461 東京支店:TEL.03-3808-1091
粉体機器の西村機械製作所
米粉.jp
トップページ
粉体機器の選び方のポイント
粉によって変わる粉体機器の
選び方
異物除去~ふるい(篩い)機の
選び方
いま注目の米粉パンを
ご存知ですか?
米粉製粉設備の納入実績
新規米粉用製粉装置とは?
新規米粉製粉パイロット設備
ニシムラの粉体技術
粉体機器目次
粉砕機
渦流式微粉砕機
胴搗式粉砕機
選別機(振動ふるい機ほか)
三次元運動ふるい機
円形振動篩機
水平回転ふるい機
水平旋回フルイ機
超強力振動ふるい機
メガシフター
手投入振動篩い機
風力選別機
網破れ検知システム
異物除去機
/インラインシフター
金属除去機
/磁力選別機(回転式)
食品用金属除去機
/磁力選別機(格子式)
食品・化学品・薬品用
金属除去機
/磁力選別機(ライン式)
攪拌機・造粒機・整粒機
容器固定型 リボンミキサー
容器回転V型 Ⅴブレンダー
容器回転W型 Wブレンダー
簡易解砕機・整粒機
ブリッジ防止機・定量供給機
低周波振動式
ブリッジブレーカー
西村式エアーノッカー
角型ロータリーバルブ
丸型ロータリーバルブ
サニタリーロータリーバルブ
空気輸送・コンベア機械輸送
吸引・圧送方式空気輸送
粒体用コンパクト吸引輸送
粉体用コンパクト吸引輸送
乾燥機・脱水機
振動流動層乾燥機
計量機
スクリュー式微粉末自動計量機
振動式微粉末自動計量機
卓上型微粉末自動計量機
新聞記事一覧

新規米粉用製粉装置とは?


気流粉砕機"スーパーパウダーミル"



SPM-R430型
 

粉砕室内部

スーパーパウダーミルの概要
小麦とは異なる米本来の成分を生かす粉砕方法が重要です。デンプン損傷やアルファー化を防ぎ、且つ水分調整やシャープな粒度分布に粉砕できる気流粉砕機"スーパーパウダーミル"が評価されております。

スーパーパウダーミルの特徴
湿式粉砕が可能。
原料同士がぶつけ合って粉砕される自己粉砕方式のため、粉砕時の衝撃力がやや小さく且つ短時間で粉砕されるため、デンプン損傷を受けにくい。
空気の発生量が多く、粉砕媒体としての役割を果たすため温度上昇が少ない。アルファー化の心配がない
設定する粒度に粉砕されるまで機内に滞留し続ける機構であるため、粉砕分布がD50が25~45μmと細かく、且つ粒度分布もシャープ。
粒度分布がシャープなためふるい機の負荷が軽減される。
気流乾燥とのユニットにより粉砕後の含水率を一定に出来る。
容易にケージングが開閉でき、清掃が簡単。

他 適 用 粉 体
小麦、大豆、香辛料、植物、そのほか食品

スーパーパウダーミルの仕様
機種 ローター径
mm
電動機 Kw 能力 Kg/Hr
SPM-R290 290 15 ~80
SPM-R430 430 37 80~200
SPM-R750 750 55 200~500
SPM-R1050 1050 110 500~1000
(注)上記能力は対象物を米とした場合です。
発生風量は本機回転数により変わる数値です。
能力は原料の種類・性質・粒度及び粉砕目標粒子径により大幅に異なります。

 

 

 

 


スーパーパウダーミルの構造及び設置フロー

上下軸受け支えられた軸にローター①と上部ファン②が固定され、外側にケーシング④があり、分割構造でケーシングのヒンジ部分と軸受けを支える支柱とモーターがベッド上⑧に一体化して、ベッド内部の駆動部で構成されています。
ケーシング④は、下部に供給口と上部ファン室があり、粉砕室内面には特殊形状のライナー⑤が固定されローターには放射状にブレード⑥が取り付けられています。ローター及びファンはモーターにより高速回転するとファンによって粉砕原料と空気が原料フィーダー⑦、供給口より粉砕室に吸い込まれ粉砕室内に組み込まれたローターの段数とブレード、ライナー間で渦流気流が発生し、原料はライナーに衝突と高速回転によって起こる粒子間の破砕、摩擦を繰り返し細かく粉砕され上昇してオリフィス板③によって上昇温度を規制し、所定粒子を上部ファンで機外に排出されます。
 

 

スーバーパウダーミル 構造図

 

スーバーパウダーミル フローシート

 

乾式方式の場合(一般的に米粉は湿式粉砕が大半)


▼ お問合せ


粉体機器の西村機械製作所