トップ > 展示会情報

「TOKYO PACK 2018 東京国際包装展」出展報告

2018年10月2日(火)から10月5日(金)までの4日間、東京ビッグサイト東1~6ホールにてTOKYO PACK 2018が開催されました。
TOKYO PACKはさまざまな業界で活躍している包装資材・容器・包装機械を中心に、物流、流通、販売、消費、廃棄、リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展です。

西村機械製作所のブースでは、~粉や粒の計量~<小袋用:小分け充填計量機>で省人化に貢献!をテーマとし、小袋の小分けに最適な自動計量機【エヌパックスケール】や計量充填におけるトレーサビリティのための【パソコン監視システム】を展示・実演いたしました。
当社ブースへご来場頂いた皆様には、心より御礼申し上げます。

少しでも当社を知っていただければとの思いでこの展示会へ出展しました。
また、トレーサビリティに関しての考えやシステムなどは興味を持っていただく方も多く有意義な展示会となったと思います。

▼ 「出展報告資料」(PDFファイル)はこちら ▼

実機展示製品のご紹介

"スクリュフィーダ式" 自動計量機 エヌパックスケール「NWC50-6型」

秤量30g~200g前後
同芯構造の大小スクリュにより、高精度+計量時間短縮を実現
抹茶やきな粉など流動性が悪い粉体にも対応可能
秤量300g以上には同シリーズNWC80型にて対応可
構造変更により15kg程度の中袋の計量も可能
分解清掃が簡単なため、ロットチェンジもスムーズ

"卓上タイプ" 自動計量機 エヌパックスケール「NWC18M型」「NWT101M型」

秤量1g~10g前後
テーブルに載る卓上サイズ
スクリュフィーダ式と振動フィーダ式の2ラインナップ
流動性が悪い粉体にはスクリュ式、粒やサラサラ粉体には振動式
計量対象粉体によっては1g以下の計量も可能
はかりを使用せず、微量の定量供給機としても使えます

自動計量機 エヌパックスケール「NWC80型」+"パソコン監視システム"

計量データをパソコンへ自動記録
生産状況は、遠方で常時モニタリング可能
EXCELへのダイレクト帳票により、
CSV→指定フォームへのデータ加工の手間もゼロ
計量設定などの任意データを表示することも可
イレギュラーなデータ操作に対するメールアラート機能も
使用可能

本展示会は初出展でした。
計量・充填・包装機械の業界では「西村機械製作所」はまだまだ知られていないと思ってます。
当社の計量・充填機をもっと知っていただくよう今後もチャレンジしていく所存です。
粉体・粒体の計量に関し、少しでもお困りのことがありましたら、下記お問い合わせフォーム又はお電話にてご連絡いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。

製品資料のご請求はこちらからお問い合わせください。








米粉倶楽部