トップ > 展示会情報

『JAPAN PACK 2019 日本包装産業展』に初出展いたします

現在日本では、労働人口の減少による人手不足の問題や外国人労働者が多く働く環境となってきています。
このような背景もあり当社へのお問合せにも人手不足解消のため、自動化の要望が増えてきています。
また単に自動化するだけでなく、管理や監視に関しても要望が強くなってきているように感じます。

当社では計量・充填・小分けなどの作業を簡易化・安定化する要望にお応えするべく計量機事業に注力してきましたが、今回満を持して初めて『JAPAN PACK2019』へ出展致します。

展示会場では、袋や容器への小分け向けの計量機【エヌパックスケール】、【高精度の卓上型計量機】の展示・実演を行います。
是非この機会に実機をご覧いただければと思います。
ご希望があれば実際に操作していただくことも可能です。

また現在開発中の充填機の参考展示と実演も予定しております。弊社ブースまでお越しいただい方には先行でご紹介出来る予定です。是非弊社ブースまでお越しいただければと思います。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
(正式発表は後日ホームページやメルマガにてご案内いたします。ご期待ください。)

開催期間 2019年10月29日(火)~11月1日(金)
10:00~17:00

▼ 出展情報資料はこちら ▼

展示会場 幕張メッセ 7ホール (アクセス)
ブースNo. 7T-08
公式URL https://www.japanpack.jp/
見どころ
~手作業での小分けを自動化~
<小袋の小分けに最適な自動計量機>
大・小のダブル供給機構を備えることで、計量時間を短縮しながら高精度な自動計量を可能にする粉粒体用『小分け充填計量機』を展示します!
当装置による自動計量中に、口封やラベル貼りといった別の作業を行うことが可能なため、小分け作業の省人化へ貢献します。小袋だけでなく、ボトルや皿といった容器の計量もOK。
食品では抹茶やきな粉など、化成品では酸化チタンなど手作業での充填計量が困難な粉体にも対応できます。

展示会場に少量サンプルをお持ち頂ければ自動計量の可否判断も可能です。会場へ少量サンプルを持参頂きスタッフへご相談下さい。

また今回参考出展となりますが、現在開発中の充填機の展示を行う予定です。正式発表前を後日となりますが、ご来場いただいた方のみ先行でご紹介出来る予定です。是非弊社ブースまでお越しください。

実機展示製品のご紹介

"スクリュフィーダ式" 自動計量機エヌパックスケール「NWC50-6」型

アルミ袋・チャック付袋にも対応
100g~1kgに対応できます。
高い精度で安定して充填が可能
どなたでも簡単に操作できます。
簡単に分解洗浄が出来るので、いつも清潔に使用できます!

"卓上タイプ" 自動計量機 エヌパックスケール「NWC18M」型

秤量1g~50g前後
テーブルに載る卓上サイズ
スクリュフィーダ式と振動フィーダ式の2ラインナップ
流動性が悪い粉体にはスクリュ式、粒やサラサラ粉体には振動式
計量対象粉体によっては1g以下の計量も可能
はかりを使用せず、微量の定量供給機としても使えます

招待券のお申込み、製品資料のご請求はこちらからお問い合わせください。








米粉倶楽部