トップ > 展示会情報

「第4回 国際6次産業化EXPO」出展報告

2019年10月9日~11日、幕張メッセで行われた国際6次産業化展EXPOに出展いたしました。
米粉の取り組みに興味を持たれている方や地域で米粉を使ったビジネスを検討されている方や企業・団体の方などたくさんの方に来場頂きました。
当社ブースへご来場いただいた皆様には心より御礼申し上げます。
来年2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催され海外から訪日人数が大幅に増加します。
日本の農産物を加工した食品をPRする絶好のチャンスです。

米粉製粉機を通して弊社が携わっております「米粉」はすでに様々な企業団体が海外のグルテンフリー市場を中心に展開しております。それら「米粉」を使った食品は高い評価を得られていると聞きます。
 国内の「米粉」をめぐる状況においても、日本米粉協会によると2019年度の「米粉」の市場規模は原料米換算で3万6000トンと前年を2割上回る見通しで、2009年度以降で過去最大となる予想となっており、「米粉」の市場規模が拡大している模様です。
地元のお米を自家製粉し、特産品などをしたプラスアルファしたオリジナル商品をつくり、地域活性化に繋げる6次産業化を想定し、年々増加しております成功事例のご紹介と、「米粉」を使った最先端の取組みのご紹介を織り交ぜ、最新の超小型気流式製粉機を実演展示いたしました。

早くからグルテンフリーの米粉に着目しており、洋菓子・スイーツの主に「バウムクーヘン」の店舗立ち上げの企画プロデュース/デザイン・設計/製菓機器の導入~メンテナンスを含めたアフターフォローまでワンストップで手がけている“株式会社不二商会様”とジョイントいたしました。

出展報告につきましては下段出展報告資料よりご覧頂けますので資料ダウンロードのアイコンをクリック下さい。

▼ 「出展報告資料」(PDFファイル)はこちら ▼

主な展示内容のご紹介

■ 超小型気流粉砕機「フェアリーパウダーミル FPM-150S型」

実際に米粉製粉の実演を行いその様子を見て頂きました。

『お問い合わせの声』

  • 地域の連携(農⇒加工⇒販売)米粉を使って地域特産品を検討したい。
  • 玄米・もち米・酒米も粉砕可能か、実績があるか教えて欲しい。
  • 湿式粉砕して乾燥をさせずそのまま加工することで、市販化されていない高品質な生米粉を得られ差別化ができて新たな米粉食品開発に期待ができると思う。

・・・続きは出展報告資料よりご覧いただけます
・・・『フェアリーパウダーミル』詳細はこちら

■ アルファ―化米粉&米粉商品

これまで米粉は、米粉パンを中心に認知されておりましたが、ほとんどの米粉パンは、米粉以外に小麦粉(グルテン)を混ぜたものばかりです。
アルファー化米粉をグルテンの代替品とすることによって、グルテンを使用しない米粉だけのパンの製造が可能になりました。

・・・続きは出展報告資料よりご覧いただけます
・・・『アルファー化米粉』詳細はこちら

■ 株式会社不二商会様とのジョイント

“不二商会様”は、早くからグルテンフリーの「米粉」に着目しており、弊社の「フェアリーパウダーミル」で洋菓子に合う生米粉を共同開発しこだわりの米粉の「バウムクーヘン」のレシピと装置を開発しています。

“不二商会様”ブースでは、オーブンを用いた「バウムクーヘン」の製造実演を行っておられ、米粉を使用した「バウムクーヘン」の試食をご用意されました。
製造実演時、来場者が多数集まってこられ大盛況の模様でした。

・・・続きは出展報告資料よりご覧いただけます

改めまして当社ブースへご来場いただいた皆様には心より御礼申し上げます。
本展示会では、米粉商品を発信していく中で、グルテンフリーへの関心とともに米粉を使った食品に対する期待が高まっていると感じます。実際にグルテンアレルギーでお困りの方が米粉で出来た様々な商品を見て希望が持てたとのお話がありました。海外からお越しになられた方も欧州の自国では体調不良の改善にグルテンの摂取を一次的に取り辞める習慣が広がっていると聞きました。

農業に携われている方、食品の店舗運営をされている方、全く異業種でお米を使ったビジネスへの参入を検討してられる方など昨年以上に多くの方からお問合せをいただきました。
弊社としましても米粉普及の為の活動や連携やサポートを継続し、米粉製粉の技術をさらに磨き、新たな新型機種の提案を行いたいと思います。

製品資料のご請求はこちらからお問い合わせください。








米粉倶楽部